読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuma's LOG

30万PVを目指した雑記ブログ

HYIPの寄付系はねずみ講なのか?MyCashPool、crazeBTC、AIDP2PBIT

投資(HYIP)

こんにちは、裕真です。

 

HYIPの中に他の人に寄付するとレベルが上がって、さらに他の人から寄付をもらうことができる権利を貰えるという案件があります。

 

言葉ではわかりにくいので図にしてみましょう。

f:id:Yumasty:20170208210026p:plain

ステージは案件によって変わってきますが、ここではほぼ変わらないステージ2までの構造を図式化しました。

 

 

ステージ0の人はステージ1の人に寄付することで自身もステージ1になることができます。そして、ステージ0の2人から寄付を貰うことができます。ステージ1では、ステージ2の人に寄付することで自身もステージ2になることができます。そして、ステージ1の人3人から寄付してもらうことができます。

 

つまり、この仕組みで稼ぐためには、後から寄付してくれる人が入ってくれることが前提になっています。

 

「どこかで見たことあるような図ですね!!!!」

 

 

そう、これってねずみ講の仕組みと同じに見えます。

後から寄付する人が現れることが前提で儲けることができるシステム。日本の法律に照らし合わせて言えば無限連鎖取引のように感じます。

 

実際はどうなんでしょうか?

 

元々詐欺ありきで投資するHYIPに対して犯罪かどうか考えるのも不思議なものですが調べてみました。

 

なぜねずみ講が違法なのか?

Mus musculus

ねずみ講は犯罪です。テレビや雑誌などでこの事実は知っている人が多いと思いますが、ではどのような法律で禁止されているか知っているでしょうか?

 

答えは「無限連鎖講の防止に関する法律」です。

 

 これは1978年に施行されたもので、"無限連鎖講は終局において破綻すべき性質のもの"であるとしてこの行為を禁止しました。具体的に言うと、「紹介者を出してその紹介者の会員費用から上の会員に報酬が発生する制度だと会員が一生増え続けなければ損をしてしまうよね?でも人間は有限だから無理だよね?」ということです。

 

会員になるのが遅い人は会員費だけ払って損をします。それなら会員にならない、となるとその前に入った人が損をします。それなら・・・とどこまで遡るかわかりませんが必ず損をする人が出てきます。これではダメだよね、というので法律により禁止されています。

 

ポイントとなるのは無限連鎖講がどうか。

 

無限連鎖講とは?

無限連鎖講(むげんれんさこう)とは、金品を払う参加者が無限に増加するという前提において、二人以上の倍率で増加する下位会員から徴収した金品を、上位会員に分配することで、その上位会員が自らが払った金品を上回る配当を受けることを目的とした団体のことである。

 

無限連鎖講 - Wikipedia

 

 基本は先ほど説明した通りです。

ここで注目すべきは「二人以上の倍率で増加する下位会員から徴収した金品を、上位会員に分配することで・・・

 

よく見かけるねずみ講の図では、先ほどの寄付HYIPのように上の人が下の人からもらっているように見えますが、実際は①会社が下位会員から金銭を徴収する②会社が上位会員に分配する、という仕組みとなっており、上位会員と下位会員の間には会社が入っています。

 

無限連鎖講の定義は会社や団体が含まれていることが前提なんですね。

 

HYIP寄付案件は?

では、ここで戻って寄付案件を見てみましょう。

 

仕組みとしては下位の人が上位の人に直接寄付している形になります。サービスはただ誰にあげればいい、とかシステム上のサポートをしているに過ぎず、BTCのやりとりも個人間のウォレットで直接取引です。

 

そう考えると寄付案件は無限連鎖講とは呼べないことになりますね。

 

つまり、無限連鎖講取引ではない、ねずみ講ではないということになります。消費者から見たら状況は同じに見えますが。大丈夫そうです。

 

まぁ、そもそも海外のサービスなので日本の法律と照らし合わせるのもナンセンスかもしれませんがねずみ講には当たらなそうですね。もちろん初心者調べなので絶対とは言い切れませんけど。

 

ということで興味のある人は寄付案件にも投資してみましょう。

 

私もやっているおすすめはMyCashPoolです。

現在1200人ちょいなのでまだまだ増える可能性があるでしょう。これらは自分あるいはグループ内で紹介を出していくのがコツになります。つまり、はてなブログやWPでブログを書いて広められる人にチャンスが大きいと言えるでしょう。

 

ブログを書いている人は0.02BTCからチャレンジできるのでぜひやってみてはいかがでしょうか?

※CoinCheckからの入金だとトランザクションIDが手に入らずうまくいかないとの話を聞きました。投資はBlockChainからをおすすめします。

 

おまけ:Amwayなどはなぜ許されるのか?

HYIPとは違う話ですが儲け話&ねずみ講の話でよく出てくるAmwayについて少し触れておきましょう。

 

なぜAmwayなどのマルチ商法がこの無限連鎖講の防止に関する法律に引っかからないかというと"下位会員から徴収した金品で上位会員に報酬が発生しているわけではない"からです。

 

マルチ商法の仕組みはあくまで分配しているのは商品の販売代金の一部であり、会員費や入会費を再分配しているわけではありません。このため、無限連鎖販売の防止に関する取引に引っかかりません。

 

Amwayなどのマーケティングスタイルは連鎖販売取引MLMと呼び、規制はかなり厳しくなっていますが日本の法律でも合法に認められた方法です。なので、Amwayは普通に活動することができますし、オリンピックのスポンサーなどになったって特に問題はありません。

ただし、前述した通り連鎖販売取引はかなり規制が厳しいため、この規制を会員側が知らずに破っていることが多々問題になっています。またその指導不足という形で運営会社にも圧力がかかっているのが現状です。

 

HYIP案件の多くはMLMを導入している、しかもユニレベルボーナスは明確に投資額の◯%と金品の再分配で規定されているのでこの法律が適用されるとなった場合、状況がかなり変わると考えられます。

 

主な収益源がユニレベルボーナスのHYIPはまだ見たことがありませんが、報酬として含まれている以上は影響が出てくる可能性があります。

 

この辺りの件に関して最低限の知識は身につけておくようにした方が良いですよ!

 

 

※専門家ではなく素人の意見としてお読みください。

広告を非表示にする